日本語教育能力検定はどんな分野で活かせるのか考えてみよう

日本語教育能力検定は取得しておいた方が良いのかどうか知ろう!

ロゴ

日本語教育能力検定って一体何?

日本語教育能力検定とは簡単に説明すると、日本語を日本語が母国語でない人に教えるための十分な知識があるということを証明するための試験です。人気の資格として取得する人が増えています。

日本語教育能力検定はどんな分野で活かせるのか考えてみよう

女性

絶対に必要な試験ではないが就職に有利

日本語教育能力検定は、日本語を教える仕事をするなら必ず持っていなければいけないというものではありません。しかし、持っていることで、そういった仕事への就業には格段に有利に働きます。

専門の学校へ行こう!

日本語教育能力検定を受けるにあたって、独学ではかなり難しい部分がありますので、講座や定期コースを提供しているところへ通うと良いでしょう。攻略のポイントを的確に学ぶことができます。

合格率は2割

日本語教育能力検定の合格率は2割程度しかありません。難関試験なのです。しかし、ある講座の受講生は合格率70パーセントになるといいますから、そういった学校でしっかり対策をするのとしないのとで合格の確率が変わってきます。

広告募集中